忍者ブログ
This blog is Written by 神月きのこ,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
個人創作サイト「Sacrilege」小説投稿サイト「小説家になろう」その他創作全般についての呟き。不定期更新。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
小説家になろうリング
フリーエリア
最新コメント
[11/06 藤夜 要]
[11/06 藤夜 要]
[10/04 神月きのこ]
[09/29 俊衛門]
[09/13 ごん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神月きのこ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
絵にしろ小説にしろゲームにしろ、創作好きのなりチャッター。
下手の横好きなりに色々やってます。
「小説家になろう」での作品はこちら
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[PR]
[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77]
05/25 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前チヤさんとこのブログで盛り上がったラブコメバトン!
リレー小説のバトンが楽しそうでうらやましく思っていたところで、是非一緒に!と盛り上がらせてもらいました。


さあ、レッツトライ★


【以下コピペ】
 

◆バトンルール
・次の文章に、又は次の会話文に繋がる様に話を続ける事。
・短くても長くても、会話ばかりでも文章だけでもOK。
・違うルートから回ってきたバトンを2回書くこともできます。(なるべく同じところを回らないように違う人に回してあげて下さい)
・恋愛小説になっても、同性愛になってもOK。全ては貴方の文章で変わります。
・視点は自分好みで変えて下さって構いません。
・前の人の続きから書く場合は、前の人の文を少しだけ前置きとして入れて置くと他の人が書きやすいかもしれません。
・自分の文章の前に名前を記入してください。(ここから○○の番など)


≪タイトル≫
おたくと腐女子の妄想恋愛術



 ↓現君がつくったイントロダクション


 言ってみれば僕と彼女は時計の長針と短針みたいなものだ。異なるベクトルを指してはいても、二人ともオタク趣味という軸を中心に回っている。
 そして時々、その指針が重なることもある。
「結局さ、現実の人間だって歩くタンパク質なわけじゃん。そして絵だって厳密には二次元じゃなくて色素って三次元の物体から成ってるわけでしょ? 映像とかもおんなじ話。だから人間を好きになるのもアニメや漫画のキャラを好きになるのも根本的には一緒なんだよ。私たちは胸張ってオタクであるべきだぜ!」
 ものすごい屁理屈なのだけれど、この主張で僕はこいつの株を市場が荒れるくらい暴騰させた。
 もっとも、こういうファンダメンタルな考え方は共通しているのだけれど、やはりそこはオタクと腐女子。彼女にネコミミの素晴らしさやチラリズムの高尚な精神が理解できないように、僕にだって筋肉紳士なんてもの理解できるはずもなかった。


******


 休日の日曜。アクティブな連中が健康的に街に繰り出しているだろうその日、僕は健康なオタクらしく日がな一日パソゲーにいそしんでいた。
 今プレイしているのは『ストリート・ハート・エレキテル☆』というノベルゲームだ。主人公は自称・街角スターの従姉と同棲していたのだが、その従姉がプロデビューを果たすことで二人の生活と関係がしだいに変わっていくという僕としてはなかなかに楽──
「つまらん。さっさと終わっちゃえよ」
 背後からの声が僕の感想を一刀両断する。振り返るまでもなく誰だかわかる。そもそも僕のオタク趣味を知る人間は彼女しかいない。
 パソコンをやるとき、リビングには冷房を効かせてある。長時間やってるとパソコン自体が異様に熱を帯びるからだ。そんな居心地の良い場所をハイエナのごとく嗅ぎつけた隣人は、みれば勝手に僕の茶碗で白米を頬張っていた。
「どうせ最後はくっついてハッピーエンドで終わりっしょ? 先が見えてるねそんなゲーム」
「お前はまたそうやって人の気分を台無しに……」
「そんなのより一緒に『マッチョ売りの少女』やろうぜ! なんなら昨日手に入れた体験版『マッチョ売りの僧侶』でもいいけど」
「なんで僕がそんな危険臭漂うBLゲームを堪能せにゃならんのだ」
「二人でやれば筋肉も二倍なんだぜ」
「二人なら喜び二倍みたく言うな!」


******

 ↓ここよりチヤテイストブレンドします。


「二人なら喜び二倍みたく言うな!」
 そういって今日も彼は、あたしのボケに適切な突っ込みを入れた。あたしはブーブー文句を言うと、彼にBLゲームをやらせるのを諦めた。
 いつもと同じやりとり、会話。それが今日も繰り返されてる。

 女友達がみんな彼氏とデートをしている日曜日、あたしは当たり前のように彼の家に遊びに来ていた。そして白飯を頬張りながら、彼がパソゲーをやるのを邪魔している。
 彼の広い背中。それに寄りかかって、あたしは友人から借りたBL漫画を読んでいる。筋肉質で美麗な男どもがくんずほぐれつしている絵を見ながら、あたしが何を思っているか彼は知らないだろう。あたしたちの関係は結局そんなもので、そしてそれを望んだのはあたし自身だった。
 気の合う友人、オタク仲間、心の友。
 すごく近い所にいるけれど、あたし達は彼氏彼女ではない。部屋に二人きりだって甘い雰囲気になることはないのだ。あたしが彼を好きだって、彼は知らないから。

 自分の気持ちを素直に言える女だったらよかったのに。言いだすタイミングは何度も訪れたし、今の関係を崩すチャンスだってあった。だけどその度に臆病風に吹かれて、あたしは結局彼への気持ちを口に出して言うことができなかった。
「ふりかけ無い? 白飯飽きた」
 せいぜいあたしが言えるのはこんな言葉くらいだ。
「ふりかけ? お前がこの間のりたまの袋ちゃんと閉めないから、しけって捨てた。ゴマ塩でも振って食えよ。っていうか、お前なんで飯食ってるんだ?」
「お腹すいたし。それに、この家にはろくな菓子がないから。食玩のラムネ、飽きた」
 あたしはそういうと彼の背中に体重をかけた。
 そっけなくしないで。かまって。そんなこと言えないから、態度で示してみる。すると寄りかかられて重いのか彼の体が傾いた。
「お・も・い。ったく、近くにコンビニあるんだから買ってくればいいだろう?」
 けれど彼の目はパソコンのディスプレイに向かっていて、あたしの方を振り返ってはくれなかった。

 あたしが彼に気持を伝えられない理由の一つは彼のこの態度だ。あたしのことを女としてみてないどころか、ゲームのヒロインばかりを見ている。他の女、それも2次元美少女が相手では太刀打ちできないではないか。彼女達はかわいくて、素直で、地味でひねくれ者のあたしとは正反対なんだから……
 あたしがしょんぼりしていると、ふいに彼が背中を押しあげてきた。そして、振り返ってあたしを見る。彼の太い黒ぶち眼鏡からのぞく瞳が真っ直ぐにあたしを見ていて、瞬間心臓がとび跳ねた。
「……鞄の中に、ポテトチップスが入ってる」
「え? ああ。分かった。ありがと」
 期待したような展開が起きるはずがない。あたしはため息をつくと立ち上がって彼の鞄を取りに行った。

 あああ! 何やってんの、あたし!?
 何のために『あれ』を買ったんだ?……あたしのいくじなし!

 その時だった。
 ピポローンと調子っぱずれの呼び鈴が鳴った。
 その不快な音を聞いた瞬間、嫌な予感が過った。日曜日、彼の家を訪ねて来る人間と言ったらあいつしかいない。
 彼が玄関の扉を開けると、そこには予想どおりあいつが立っていた。

 そう、彼の親友で幼馴染の男……あたしの恋のライバルが。

 

******

↓ここから神月のターン

 

 玄関には、彼の親友で幼馴染の男が立っていた。
 そう、奴はあたしにとって憎むべきライバルだ。
 彼に笑いかける奴の顔を見るだけでムカムカしてきて、食が進んで仕方がない。

 腐女子の妄想だろうって?
 甘い! 彼がくれたポテトチップスよりも甘……あ、ポテトチップスは甘くないか。
 ていうか辛っ、このポテトチップスめちゃくちゃ辛いんだけど!?
 ……なんだ、このタバスコわさび味って。嫌がらせ?
 いやいや、そういえば彼は辛い物が好きだった。
 あんな甘ったるいシナリオのゲームが好きなくせに。
 ちなみに私はBLゲームもお菓子も甘い物の方が好きである。

 ってそんな話はどうでもいい。

 問題は奴の存在なのだ。

「よ、やっぱりいたか。大地もさー、こんな天気のいい日曜くらい外で遊ぼうぜ」
「いましたよ。いいんだよ、僕は家にいるのが好きなんだから。それに陸だって人のこと言えないじゃん」
「確かに」

 奴は勝手知ったる他人の家、大地の家は自分の家とばかりに上がりこんできた。
 私と目が合うと簡単に手を上げて挨拶をするけれど、すぐに彼の方に向き直ってコンビニの袋を掲げて見せた。

「これ、差し入れな。後で食おうぜ、冷凍庫入れとくよ」 
「サンキュー、流石は僕の親友」
「そんなところで褒められても全く嬉しくねえよ」

 冷凍庫、ということはアイスか何かだろうか。
 屈託なく奴に笑いかける彼が眩しすぎるよ……。

 はっきり言って、彼は可愛いのである。
 引きこもりのオタクだからか、色白だし貧弱なくらいの体格をしているのだ。
 色白の華奢な体に真っ直ぐな黒髪が映えて、何ともいえずムラムラするのだ。押し倒したくなるのだ。
 女のあたしですらそうなんだから、男から見たら破壊力は倍以上に違いない。
 しかもクールでつっけんどんなくせに、幼馴染男にはべったり懐いて笑顔の大安売り、何この萌えキャラ!
 
 もんもんとしているあたしに気づいたのか、奴はフッと……笑ったのだ。
 勝ち誇った笑みを!
 絶対にあたしのことを見下している!
 あたしが彼と二人きりなときばかりを狙ってやってくるのも、絶対にあたしの邪魔をする為に決まっているのだ。
 ああ忌々しい!
 今すぐアイスと一緒に冷凍庫にしまってやろうか、ああん!?
 冷凍庫でご不満なら今すぐクール便で北極に送り届けてやるわ、流氷に乗って頑張って日本まで旅するがいい!
 あああ、近い近い! そんなに彼に顔を近づけるんじゃない!

 明らかに奴に後れを取っているのが分かっているだけに悔しさもひとしおだ。
 だって、奴は悪意を抱いているあたしですら認める程度にはいい男なのだ。マッチョだし。

 そう、奴はまるで、この『マッチョ売りの少女』に出てくる、マッチョを買った紳士のように均整のとれたやせマッチョなのである。
 というか寧ろそっくりなのである。

 そのくせ趣味はゲームらしい。
 といってもオタクというレベルではなく、ごくごく一般的なゲーム好きだけど。
 ドラ○エとかマ○オとかが好きな、普通のゲーマーである。

 それにしてもなんという無駄マッチョ。
 マッチョは実用性があってこそのマッチョ、使えないマッチョに価値などない!
 今度から奴をムマチョと呼んでやろう、よし決めた。

 あたしがそんなことを考えている間も、彼とムマチョは男同士の会話に花を咲かせている。
 う、入り込めない雰囲気。
 この世はまるで二人の世界~ですか、ああそうですか!

「ていうか、俺お邪魔だった?」
 ふと気づいたようにムマチョがあたしのことを見る。ええ、邪魔ですともああ邪魔ですとも。
「別に? 僕パソゲーしてただけだし」
「お前彼女来てんのにパソゲーかよ」
 あたしが彼女なんかじゃないって知ってるくせに、白々しい。
「彼女じゃないって。知ってるだろ?」
 そう答えるって分かってはいるけど、やっぱり実際に聞くと辛いなぁ……。
「毎週一緒にいるんだし、進展したんかなとか思うじゃん」
「ないない、僕と海に限ってそれは絶対ないって」
 彼の言葉に胸をえぐられる。
 どうしてムマチョは、彼がそう言うように誘導するの?

 もう我慢の限界だった。

「ムマチョのばーか、雪の日に買ったマッチョに掘られてろ!」

 あたしは捨て台詞を残して、彼の部屋を飛び出した。
 あんまり悔しくて、涙が出てくる。
 情けなくて、振り返ることなんてできなかった。
 これじゃあムマチョの思うつぼなのに。
 彼がムマチョに襲われるお膳立てしたようなものなの……て、それはマズ……、あ、でもちょっとおいしいかも。

 あああ、ちょっとどうしよう!




はい、ここまで。
話が進まないどころか笑えなくてすみません。タイトルも名前も適当でした……すみません。
カオスって難しいなあ(;´Д`)


それではお次は李さん!
お願いしまーす。
……俊衛門さんテストか……ちっ。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
やっぱり逃げ出す腐れ女子ww
てぃーっす! 藤夜ですー。
拙blogメンテによりレスコメする前に凸ってすみませんです~。

本当に、人の書いたの見る方が何千倍も楽しいっすねw
ライバルは、そう来たかっ! と真逆の展開にウハウハですw
そして、何だかんだ言って清純な彼・彼女。
うぅ、パソゲー→ノベゲ→エロゲ
と妄想が走った自分がむしろ一番の腐れかも、と、神月さんの展開を見て泣きそうです。(´;ω;`)

神月さんも、俊衛門さんに回そうとしてたのか…。
人気者、俊衛門様w
カオス度が熟した辺りで回りそうな予感ですねw

あ、いきなり来襲して長々とすみません。(-"-;A
さぁ、ダブルスタンダードで展開するこれを、共に追いかけ楽しみましょうw(。・"・。)ノシ
藤夜 要 URL 2008/07/23(Wed)01:21:27 編集
GJ!!
ヒロインの腐れ具合がなんともリアルでむふふ。それにムマチョってw
BLに免疫のない李クンに振るとは、おぬしもなかなかの悪よのぅ。くっくっく。
いや~。GJです><!!
北加チヤ 2008/07/23(Wed)08:47:49 編集
受け取りました
よくも回してくれました? 許しませんよ(>_<)
と言っときながら凄くノリノリでやらせてもらいましたよ。楽しませてもらいました(^^)

回してくれてありがとうございます!
李仁古 2008/07/23(Wed)21:52:06 編集
※レス
>藤夜さん

こっちでもヒロイン逃げてしまいました、やはり腐女子の妄想は頭の中では留まらず走り出してしまったようでございます。
ライバルはあくまで腐女子の妄想でしかなかったのか、それともガチでBLフラグだったのか……今後の展開にご注目!
そしてパソゲーはエロゲで正解だと思われます(笑)
彼→エロゲ
彼女→BL18禁でFA!
しかしおそらく自分のことになるとシャイなのがおたくと腐女子…と変な固定観念が。

俊衛門さんもテストでさえなければ分岐させて回したのに!と思いつつ。
藤夜さんも回そうとしていらっしゃいましたか!
これはもう、俊衛門さんに両方を収めてもらうしかありませんね(笑)
どう進んでいくのか楽しみにしませう!


>チヤさん

自分が腐なだけに彼女は考えなくても動いてくれる素晴らしいキャラでした!
李さんも妄想しがいのある展開にしてくれましたし、今後の彼・彼女・幼馴染の関係から目が離せませんね!
今回は一緒に盛り上がらせてもらってありがとうでした^^


>李さん

えへへ、こんな状態で回してしまってすみません、でも反省はしていない(ぇ)
受け取ってくださり、そして良い感じに突っ走ってくださりありがとうございます!
神月きのこ 2008/07/23(Wed)22:48:29 編集
リング登録あざーっす^^
さすが神月ちゃん。やっぱり頼りは神月ちゃん。ファミリーは強制だけども(笑
ありがとうございます!
登録しましたよ~^^ では!
北加チヤ 2008/07/26(Sat)22:45:57 編集
すみません(TT)
リングに問題が発生したため、もう一度申請とタグの張り替えをお願いいたします。
お手数書けて申し訳ないです~(;;)
北加チヤ 2008/07/27(Sun)22:00:34 編集
荒らしではありません
再登録完了しました!
何度もごめんなさい。そしてご協力ありがとうございます!
北加チヤ 2008/07/27(Sun)22:54:35 編集
チヤさん
リング再登録させていただきましたー^^
なんかちょっと懐かしいです、Webリング。
自サイトの方では以前オリジナルリングとか小説リングとかに登録してたんですけれども。
何はともあれ、リングの作成・管理お疲れ様です。
そして友達の輪に加えてくれてありがとうございます!
神月きのこ 2008/07/27(Sun)22:54:50 編集
おおう
投稿時間の15秒差にびっくり(笑)
登録ありがとうございました、お疲れ様です!
神月きのこ 2008/07/27(Sun)22:56:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: