忍者ブログ
This blog is Written by 神月きのこ,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
個人創作サイト「Sacrilege」小説投稿サイト「小説家になろう」その他創作全般についての呟き。不定期更新。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
小説家になろうリング
フリーエリア
最新コメント
[11/06 藤夜 要]
[11/06 藤夜 要]
[10/04 神月きのこ]
[09/29 俊衛門]
[09/13 ごん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神月きのこ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
絵にしろ小説にしろゲームにしろ、創作好きのなりチャッター。
下手の横好きなりに色々やってます。
「小説家になろう」での作品はこちら
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[PR]
[91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81]
07/25 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オリンピック見ていて。
そして部屋の掃除に一週間つぶされて。

そして久々にPCの前に座ったものの、先ほど見逃していた二週間分のギアスをBIGLOBEで見たせいで呆然としております。
ギアス見てから何かしようなんて、本当に考えるべきではないです。
見たら絶対暫く自失状態になるんだから!
いい加減に学ぼうぜ自分。

最近なかなか仕事以外でPCに触る時間がないので、今までもでしたがのんびり更新になりますー。
忙しいというわけではないんですが、なんというか。
まとまって長時間とれるわけじゃないから触りにくいというか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なんか大変そうですね
オリンピック僕も見てます。日本はなかなかメダル取れなくてがっかりしてます。もっとガッツ見せろ! みたいな(^^;

僕は半分ニートなんで時間はあるんですけど、なかなか執筆が進んでないっす。ブログもあまり更新してないし。それになろうの作品も読んでない(-.-;)

よく分からないけど、頑張って下さい(>_<)
李仁古 2008/08/21(Thu)23:34:21 編集
ギアスは……
ギアスはダメっすよ姉様。あの鬱アニメ、見終わった後の脱力感は凄まじい。ここ最近のは特に耐え難く……って二週間分も!? あいや~ご愁傷さまとしか……。

お仕事大変そうですね。無理をなさらず、ご自分のペースで執筆すればいいと思いますよ。
俊衛門@ソフト優勝 2008/08/22(Fri)09:09:18 編集
お疲れ様
オリンピックはたまに見てました。
ソフトは金でしたが、野球はだめだったみたいですね。
ぶっちゃけるとテニス以外のスポーツは無知です。
野球とか、ルールが全然わかりません。

お仕事忙しいようで。
俊さんのいう通り、マイペースでいきましょう♪
ごん太 2008/08/23(Sat)20:59:48 編集
こめれす
>李さん
前回のアテネができすぎだったんでこんなもんかなあとか思いつつ。

夏休み期間で休みが多めにとれているんですが、なんかつい別のことやっちゃって。
ノートPCからデスクトップに移行したせいか気軽につけられなくなってます。
李さんもいろいろ大変でしょうし、ご自分のペースで頑張ってくださいね。


>俊衛門さん
30分の密度が濃いわ感情移入しまくるわで見終わってからも余韻が抜けないんですよ。
ここ最近の鬱展開はすさまじかったですね。ええ!?ちょ、えええ!?みたいな。でも大好きだ!←
これくらい人の心を掴みまくる話を作りたいものです。

仕事、さほど大変じゃないはずなんですけどねー…何故だろう。
執筆のマイペースぶりには自信がありますはっはっは。


>ごん太さん
野球は予選リーグの段階であまりの不甲斐なさにイライラして準決勝も三位決定戦も見ないまま終わりました…。
でもソフトは頑張った!本当にそれはよかったですよ~。
スポーツ、自分でやるのは全然だめですが見るのは何でも好きなものでして^^
もうマイペースもいいところですよ。気分のらないと全く書かない、とかいうこの事態。
まあ、気楽に頑張りますです。
神月きのこ 2008/08/27(Wed)01:06:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: